若林皮ふ科

若林皮ふ科|白井市富士、鎌ヶ谷の皮膚科

〒270-1432
千葉県白井市富士136-53
TEL:047-441-4112

rss

トップページ»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

マスク皮膚炎とは

こんにちは。すっかり世の中マスクが定着しました。
今の状況では外出時のマスクは欠かせませんね。
外国では義務化しているところもあるようです。

さて、マスク皮膚炎という言葉も良く目にするのではないでしょうか?
色々な医師の意見を見たり読んだりすると、マスクによる皮膚の炎症、ニキビの悪化などが言われているようです。
では、私たち医療従事者は全員そのような状況なのでしょうか?
私たち医療従事者はコロナが流行する以前から職場では連日マスクを付けていました。
しかし、医療従事者の顔が全員皮膚炎を起こしているなんて話は聞いたことがありません。
結論から言うとマスク皮膚炎などと言う病名はありません。
起こりえるはずもないのです。
ニキビが悪くなる?そもそも大人ニキビなどという病名もありません。
ニキビに関してはまた別の話として。
では、マスク皮膚炎と呼ばれる状態は皮膚に何が起こっているのでしょうか?
答えは化粧品類(保湿剤、日焼け止めクリームを含む)による接触皮膚炎(かぶれ)です。
私のクリニックではよく出る診断名です。
またか!その話はいいよという方は、読まなくて結構です。
しかし、実際に、この話で治療を進めていくと全員治ります。
今は必ずマスクを付けて生活しているため、マスクの中の皮膚は覆われている状態です。
実は皮膚科にはODTと言って外用剤を塗布後にラップなどで覆うと吸収が増強されて、早く改善するという方法があります。
これを参考に、このマスク皮膚炎を考えてみましょう。
かぶれる可能性がある化粧品類を付けてマスクをするということは、化粧品類を覆うことになります。
従って吸収が増してより早く、より酷く接触皮膚炎が起こるのです。
顔の場合外用したものは全て脂腺、汗腺から吸収されていきます。
しかし合わない物を使用しているため、毛穴や汗腺の中で炎症を起こし、ニキビと誤診される状態になるのです。
基本的にマスクの中は呼吸で湿気があるため、保湿の必要はありません。
というか、顔の皮膚はほぼ乾燥するなどということは病気がない限り起こりません。

ではマスク皮膚炎などと言われるような状態になったら、どうしたら良いのでしょうか?
答えは、今お使いの化粧品類を一切止めて、治療の上、治癒後に他の化粧品類に変更して、更にマスクで覆われていないところのみに使用するようにすれば、再発しません。

いかがでしたでしょうか?きっと他の皮膚科とは言ってることはかなり違うと思います。
このような状況になりましたら是非一度受診して効果を実感してみて下さい。

2020-10-01 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

皮膚科はこまめに長く通うもの?

こんにちは。私が今まで開業している中で患者さんから言われて一番嬉しかったことは、「皮膚科は通い続けてなんぼって思っていました。まさか原因が分かって治るとは思っていませんでした」と言われたことです。
皆さんもこれに似たような経験はしておられると思います。
何故なら数ある皮膚科医のほとんどは湿疹の原因を深く追求せず、治りにくいからね、で片付けてきたからです。
また受診する患者側も薬さえもらえれば良い、今の生活は特に変えたくないといった思惑もあったりするからです。
こんな事では治るものも決して治りません。
勿論、例えば本当にアトピー性皮膚炎の場合、尋常性乾癬や掌蹠膿疱症などでは完治しません、つまり通院を続ける必要があります。
しかし、こういった疾患の患者数は多くありません。
今まで通院を続けてきたけれど全く変わりがない、原因についての提案をしてくれない、一緒に考えてくれない、そう思ったら是非一度受診してみることをお勧めします。
必ずしも全てにお応えできるわけではありませんが、思いがけず治ることもあるかもしれませんよ。

2020-09-01 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

Withコロナウイルスの時代

こんにちは。昨年末に中国の武漢で報告されてから、あっという間に全世界に拡大し、現在の日本でも毎日全国では感染者の報告があり、まだ終息しておりません。
医師から見て考えても、完全に終息して消えるということはあり得ないと思います。
ワクチン開発、特効薬が開発されて、ようやくインフルエンザと同じような扱いになるのみです。それまでまだ2年はかかると思います。
このような時代、生活になってクリニック、病院の受診はどうしたら良いのでしょうか?
色々な忖度せずに書いてみようと思います。
正直一番大切なことは予防です。
病気にならないように生活することが一番大切です。
病院への受診が減って、悪化して受診する人が多くなるから、受診を控えないようにと言われていますが、それは全くもって今ある医院、病院の収入が減ったから言っているだけなのです。
元々病院は様子を見ていたけど悪くなって、自然に治らなかったから行くところなのです。
例えばしっかり栄養管理をして血糖、血圧、中性脂肪が管理できれば最高ですし、しっかり手洗いうがいを行って感染症にならなければ最高なのです。
それによって病院がどうなったということは、その後行政と話すことです。
さて、現在通院中の人はこれからどう考えたら良いでしょうか?

先ごろ日本病院会会長からも「以前は時間に追われ、医師も患者も合格点ギリギリくらいの満足度で終わっていた診療が、互いに100%満足できるくらいの診療へ。患者が受診に慎重になる前提で、じっくり向き合う診療へ。そうした新たな医療が始まったように思います」とコメントが発表されました。

当クリニックでは開院当初から、どの時代にでも対応できるように、最低限必要な回数しか受診を促しておりません。
必要な期間の内服薬、必要な量の外用薬を処方しております。
元々1週間や2週間分しか処方出来ないことは無いのです。
勿論少ない受診回数で済むように、可能な限り受診した時に原因を伝えられるように心がけています。
必要があるのに全く受診しなくなると元々の疾患が悪化する可能性が高くなりますが、必要以上に受診させられていると思ったら、一か月分、二か月分での管理をお願いするべきです。
また、改善する可能性のある原因を聞くべきです。
必要な時に必要な人がじっくり受診して相談できる、限りある資源である医療を疲弊しないように使い、維持するということが必要です。

今までは不要不急の受診は確かに多かったと思います。
それは医院、病院側の必要以上の受診の促しということもあったと思います。
これからは、良く話を聞いてくれる医院を選び、話を聞かないところでは通院を続けないといった選択も含めて、少ない回数で改善、維持をしてくれるところを探すといった変化をすることも必要になると思います。
ただただ今までのように言いなりで受診ではなく、今回の騒ぎをきっかけに今までを見直して、これからを考えてみるべき時が来たと思います。

2020-07-01 00:00:00

折りたたむ

ステロイド眼軟膏について

ステロイド眼軟膏と言って皆さんが直ぐに浮かぶ物は中々ないかもしれません。
ネオメドロールEE軟膏が有名です。
しかし、実はこの外用剤は非常に接触皮膚炎を引き起こしやすい物なのです。
この外用剤には二つのデメリットがあります。
一つはステロイド外用剤を長期間使用した場合に起こる酒さ様皮膚炎、もう一つが含まれる抗生剤による接触皮膚炎です。
この二つの点からもあまり使用はお勧めできません。
ただこのことに気が付いて普及させようとしている眼科医は殆どおらず、また皮膚科医もあまり普及させておらず、時々この外用剤の副作用で受診される方がいます。
今のところ絶対安全で効果のあるステロイド眼軟膏は存在しておらず、使用する場合は、むしろweekやmildのステロイド外用剤を使用した方が良いです。
もし分からないことがあれば是非受診してご相談下さい。


この内容はアレルギー69(2),131-132,2020より引用しております。

2020-03-01 00:00:00

折りたたむ

病院を受診するということ

病気になると病院を受診することになります。
ところで、病院に行くということは、薬を貰うことと思いこんでいる方が大勢いらっしゃいます。
勿論、多くの場合では診察の後に処方があって、薬も貰うことになりますが。
又は検査が必要になれば、検査を行うということもあります。
しかし本来の目的は、今ある症状について医師に相談するための病院受診です。
場合によっては、薬を処方しない場合もあります。
皮膚科の場合出ている皮疹の原因が何であるのかを考え、或いは一緒になって探し、解決に導いていくことが本来の目的です。
自覚症状に対し、市販の薬のみで解決しよう、又は予防のためにサプリメントを連日服用しようとすると、時々大きな弊害が出るため注意が必要です。
また、その原因が他科、他院で服用している他の症状に対し必要と思われる薬であることもあります。
当クリニックではお薬手帳の持参をお願いしております。
せっかく受診するのですから、是非色々な不安について相談してみて下さい。
その時にもし、お持ちでしたらお薬手帳もお忘れなく。

2020-01-01 00:00:00

折りたたむ

病気と向き合うとは

病院を受診した時に必ず治ります、治しますと言われた方が嬉しいのは良く分かります。
出来れば、そうであって欲しいものです。
しかし医師も人間であり、神様ではありませんので、絶対に治せるとは言えません。
このような場合、医師からしても言いにくいこと、患者からしたら聞きにくいことを伝えあえてこそ、良好な関係になり、治療がスムーズにいきます。
また現代の医学では原因不明であったり、治療方法が無いものもあります。
このような疾患については一生付き合うということ、どんな点に注意しなければいけないのかということをしっかり理解していくことが必要です。
また化粧品かぶれのように原因が聞きたくないこと、受け入れにくいことであっても、それと向き合えなければ絶対に治りません。
当クリニックではこうしたことについて正直に伝えています。
お互いに真剣に向き合って取り組む、そういう覚悟を持って受診してください。
 

2019-12-01 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

クリニックと総合病院受診のポイント

皆さんは、風邪を引いたら総合病院を受診しますか?
それは、あまり得策ではありません。
総合病院は基本的に少しこじれた病状を検査して、新たな治療方針を示し治療する機関と考えるべきです。
病気の初期はクリニックを受診し、検査が必要になったら総合病院を受診するという流れで良いのです。

私のクリニックは皮膚科です。この場合、初期の皮膚病はクリニックに受診し、特に薬もジェネリック医薬品を用いていないので、処方を受けるのにも適しています。
そして、採血が必要であったり、皮膚生検が必要であったりした場合、外勤先の北総白井病院へ誘導しますので、自分で行います。
元々クリニックでは充分量の項目数を採血できません。
また逆に総合病院では処方はジェネリック医薬品指定となってしまい、思うように治療できないというデメリットもあります。

このように、簡単なことでは先ずクリニックを受診し、そのクリニックが特定の総合病院と緊密な連携があり、見知った医師が検査、
処置を行う場合は、誘導してもらい、悪化時は総合病院を受診するという流れを覚えておいていただけると上手く行くと思います。

 

2019-11-01 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

意外と知らないですよね。

何の話かと言いますと、ご自身で毎日使っている、化粧品であったり、シャンプーやリンス、洗剤などです。
顔、被髪部、背中、お尻といった部分の皮疹と痒みは色々使用しているものにかぶれた時に見られる症状です。
こちらから、使用している物の会社名を聞くことがあります。
しかし、殆んどの方は覚えていません。
このようなケースでは変更してもらうことが必要ですので、どうしても使用している会社名が必要になります。
これまであまり、皮膚科受診しても聞かれることはなかったかと思いますが、当クリニックでは生活環境で使用しているもの全てに注意しながら原因を探しています。
これからは少し自分で使用しているものに注意を払って受診の際には是非覚えて答えられるようにしておくと診察がスムーズになります。

2019-10-01 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

クリニックを一ヶ月に受診する回数

これで皆さんが一番うんざりしているのが、歯科の通院ではないでしょうか?
えっ?今日はこれで終わり?とか、また来週?とか思ったことが、少なからずあると思います。
実は皮膚科においても、当クリニックに受診する方で、前医での内服処方がいつも1週間分か2週間分。
外用剤は合計5gまたは10gしか処方してくれない、通院するのがストレスと言う話をされる方がいます。
勿論場合によっては帯状疱疹のように1週間分の処方にしかならない場合、抗生物質のように、1週間分または2週間分で治るはずの処方では、それで良いと思います。
しかし、慢性疾患でそのような処方では、通院し続けるのが嫌になると思います。
アトピー性皮膚炎での外用剤処方が10g、20gでは足りませんよね。

当クリニックの今年最新の統計では一人当たりの一ヶ月での受診回数平均は1.084。一方全国平均は1.307となっています。
当クリニックでは大体の人は一ヶ月か二か月に一回の受診となっています。

慢性疾患の内服なら一ヶ月分か二か月分。外用剤なら皮疹の面積にもよりますが、50g、100g処方にしています。

必要な受診回数、必要な処方量を心がけています。
受診の頻度に他院で違和感を覚えたら是非当クリニックを受診してみて下さい。

2019-09-01 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

当クリニックにおける漢方薬治療について

現在の所謂医学(西洋医学)では検査しても異常がないからと言うことで、放置されるケースは出てきます。
そんなわけで、漢方薬治療を希望する方も多く見受けられます。
ただ、現在漢方薬を処方されているケースでは、所謂病名処方で、有名な製薬メーカーの保険病名で通っている病名を見て処方されているケースが多く、証をみて処方されているケースはとても少ないように見受けられます。

私も皮膚科専門医であり、残念ながら東洋医学専門医ではありません。
しかし、富山医科薬科大学を卒業した関係で、他の医師よりは幾分漢方薬の使い方に詳しくなっていると思います。
それは、必ずしも証にあった使い方をするということよりも、副作用を起こさないように使うという点でです。

当クリニックでは、いわゆる、アトピー性皮膚炎が治らないから漢方薬のみで治療するといったことは行っておりません。
そちらは都内と蘇我にある富山医科薬科大学出身の先輩の医院、病院を紹介することにしています。
皮膚科医が漢方治療を行うよりも、東洋医学専門医が行う方が絶対に良いに決まっているからです。

私が当クリニックで行っていることは、例えば女性で生理痛、偏頭痛で解熱鎮痛剤を処方であれ市販薬であれ服用を続けていると、慢性蕁麻疹を起こします。
それに対して、解熱鎮痛剤を中止させ、生理痛や偏頭痛を漢方薬で治療し、結果として慢性蕁麻疹を治療するという方法。
また抗アレルギー剤とステロイド外用剤は指示通り使用しているが、それでも痒みが収まらない場合に漢方薬を追加するという方法をとっています。

女性でハンドバッグを提げると赤く残り、実は生理痛、偏頭痛で解熱鎮痛剤を内服している場合は是非ご相談下さい。

ここで敢えて書いておきますが、薬疹を診る立場から、皮膚ではないものの薬剤による障害ということで言わせてもらうと、痩せるということで良く用いられている防風通聖散ですが、含まれる山梔子という生薬で特発性腸管膜静脈硬化症という、腸に激痛が走り、ひどいと壊死に陥る副作用があります。これ以外にも漢方薬でも副作用は起こります。
みだりに服用せず、漢方薬の専門である東洋医学専門医を受診して下さい。
勿論当クリニックでも気が付けば指導しています。

2019-08-01 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2