若林皮ふ科

若林皮ふ科|白井市富士、鎌ヶ谷の皮膚科

〒270-1432
千葉県白井市富士136-53
TEL:047-441-4112

rss

トップページ»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

漢方薬治療のおススメ

どのような時に漢方薬治療が適しているのでしょうか。

現代でしたらコロナウイルス感染症の後遺症でしょうか。
こちらは治る可能性があるのは漢方薬による治療のみと思われます。

私のクリニックでも可能な限りではありますが対応、処方しております。

私のクリニックは皮膚科ですので、最も多く処方しているのはニキビ、そして水いぼです。
他には子供で頭が痒くてしょっちゅう引っ掻くが湿疹病変は無い、という場合です。

皮膚科疾患以外では、偏頭痛、生理痛、更年期症状、便秘、反復する膀胱炎、冷え症、不眠症などで、つまり西洋医学では検査しても異常なしと言われるが、症状はあるという場合に漢方薬を処方しています。

私のクリニックでは漢方内科、東洋医学科などは標榜はしていませんが、漢方薬による様々な症状への治療を行っています。

是非ご相談下さい。

 

2024-01-01 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

漢方薬治療における注意点

2019年に新型コロナウイルス感染症が拡がってから漢方薬の効能が見直され、全国の医師が処方するようになって薬局で在庫切れとなって処方制限が行われるといった異常事態が起こるようになりました。

ここではどのような処方で気を付けるべきなのか載せたいと思います。

副作用についてです。

勿論漢方薬の内服でも副作用は起こります。

身近なところでは足がつった時に服用されることが多い芍薬甘草湯、違う目的ですが、甘麦大棗湯等は甘草の含有量が多く、低カリウム血症が起こりやすく危険です。

次に柴胡、黄ゴンが含まれる物も人によっては長期連用によって肝機能異常が出現することがあり、時々採血を行ったり、採血の結果肝機能異常が出現したら、休薬や変更が必要になります。

最も注意するべきは山梔子が含まれる漢方薬です。
こちらを長期連用して蓄積されると腸間膜静脈硬化症という物が起こり、最悪の場合腸を外科切除する必要があります。
これが含まれるものはツムラですと15番、24番、50番、56番、57番、58番、62番、76番、80番、90番、104番、110番、137番です。

このように漢方薬と言えども副作用は多岐に渡り、時として重篤になります。

服用してはいけないのではなく、きちんと詳しい医師の管理の下で服用する必要があるということです。

具体的には医師が東洋医学専門医を持っているか、富山医科薬科大学出身であるか等をホームページで確認することをおススメします。

 

2024-01-01 00:00:00

折りたたむ

漢方薬を処方されたら

皆さんの身近なところでは葛根湯でしょうか。

風邪をひいたら使うという方も多いのではないでしょうか。

では、病院から葛根湯を2週間分処方されたら治るまで内服するべきでしょうか。

また薬局で旗が振られたりしている八味地黄丸等を3か月分処方されたら、漢方薬は効果が出るまで時間がかかるからということで延々内服するべきでしょうか。

答えはNoです。

先ず風邪は急性疾患です。

最短では1包からで、合っていれば1日分で治ります。

又は内服することによって証は変わり、翌日や数日後は葛根湯の証ではなくなっています。

夜間頻尿や易疲労感は慢性的な症状です。

この場合、約1か月内服しても何の効果も見られないのなら、症状に合っていないので変更するべきです。

最終的に合っている漢方薬を3か月、半年、1年間と内服して症状が消失したら廃薬とする。

これが正しい処方の仕方です。

2024-01-01 00:00:00

折りたたむ

子供の保湿剤の使用について

最近インターネットでの投稿で見かけました。
子供に保湿剤を連用するのはいつまで行えば良いのでしょうか?
皮膚科で聞いても途中で止めるのが一番良くないと言われてずっと通院させられます、とありました。

私もこのことに関して日頃から考えて診療しています。
良く子供の皮膚の状況、年を重ねてからの皮膚の変化について考えてみましょう。
年を重ねたら老化で皮膚がカサカサ乾燥する、というのは理解できると思います。
では子供の皮膚は通常どうでしょうか?
スベスベたまご肌という表現を聞いたことがあるでしょう。
これが小児の肌を上手く表しています。
では子供の肌がカサカサに乾燥するという事はあり得るのでしょうか?
全くないと言えば言い過ぎですが、まずあり得ません。
では子供の肌がガサガサだったら何を考えたら良いのでしょうか?
その殆どの原因は接触皮膚炎(かぶれ)です。
その何が原因かを見つけるために皮膚科を受診する必要があるのです。
ですから、原因について考える皮膚科に受診しないと解決せず延々と保湿剤を処方され続けます。

またアトピー性皮膚炎がステロイド外用剤で落ちついた後にガサガサしている場合は、最近は新薬が出現していて、そちらを使用するとスベスベに落ち着くことからも、保湿剤ではない管理が必要なのだと考えられます。

全ての疾患にはゴールと目標があり、延々と使用続ける必要はありません。
どうしてその症状が持続しているのか考える必要があると思います。
私は常にその原因を考えるようにして診療に取り組んでいます。
勿論全例分かるとは言えませんが、考えなければ何も解決しないからです。

従って保湿剤を連日外用するように指導されたら一度立ち止まって良く考え直してください。
そして当クリニックで是非相談してみて下さい。

2023-11-13 00:00:00

折りたたむ

後悔しないクリニックの選び方

皆さんどこを受診したらよいかいつも迷われると思います。

これは読んでみて大変当てはまると思いましたので掲載します。

是非ご参考にしてみて下さい。


プロが教える、後悔しない病院・医師選び〜あなたの町のお医者さん「開業医」の見分け方 (buzzfeed.com)

2023-08-01 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

帯状疱疹ワクチンについて

こんにちは。
今日は帯状疱疹ワクチンについてお話します。

一定以上の年齢なら水痘は罹患していますが、若い人はワクチン接種で水痘の免疫を獲得しています。
これが将来的に免疫が低下した時に帯状疱疹として発症します。
治療薬は確立されており、コロナウイルス感染と違い、恐れる必要はありません。

ただ一点だけ、帯状疱疹後神経痛については残った場合、かかりつけ皮膚科からペインクリニックを紹介してもらわないと治りません。
そして3か月以内に紹介されないと神経ブロック注射も効かなくなるそうです。
無駄に皮膚科で帯状疱疹後神経痛について治療続くようならご再考下さい。

このワクチンですが、良いことのみではありません。
100万回に3件ですが、ギランバレー症候群を起こす副作用が報告されており、副反応として高熱が出ることが知られています。

このような情報は公表されておりません。
是非、このような負の情報も知った上でご検討下さい。
当クリニックでは行っておりません。

白井市の情報も掲載します。
詳しくはクリニックでご相談下さい。


帯状疱疹ワクチンについて/白井市 (city.shiroi.chiba.jp)
 

2023-07-01 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

毛虫皮膚炎

暖かくなってきました。
今年も毛虫の出る季節となりました。

毛虫は好む木があり、特に桜や梅、紅葉、カエデ、椿、さざんか等は注意が必要です。
赤く盛り上がり、露出していない服で隠れた部分にも出現します。

毛は風でも飛んでくるので、自宅に木が無くても近所にあれば発症します。
成虫になって蛾になった場合羽の鱗粉が毛に相当します。
従って、木や電柱の下に長時間いないことをおススメします。

また毛は付くというより衣類の繊維の間に突き刺さるため、洗濯しても取れず、粘着物で取る必要があります。

痒みは強く、我慢出来るものではありません。
早めの受診をおススメします。

2023-04-24 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

脱ステロイド療法について

当クリニックで行う漢方薬治療とも関わりがありますが、アトピー性皮膚炎における脱ステロイド療法についてお話します。

ステロイド剤での治療に疲れて自己判断で使用を中止し、漢方薬治療のみを希望する方がいますが、このような場合については全てお断りしています。

アトピー性皮膚炎のガイドラインでは第一選択がステロイド外用剤であり、それでも効果が見られなければ免疫抑制剤や生物製剤使用とされており、漢方薬治療については、あくまでも補完療法です。

当クリニックでは、あくまでもガイドラインに沿った治療法を選択しており、それでも効果が乏しければ補完として様々な治療方法を検討し取り入れるように心がけています。
時々完全に脱ステロイドしてしまい、民間療法や漢方薬治療のみを選択して時間経過後に一般皮膚科を受診して自分の希望を伝えたところ、治療を断られるといった場合が聞かれます。
全国どこの皮膚科でも治療に関わる事が出来るように治療方針を組み立てる事も必要かと思います。
長く症状が改善しないと一度はこのような気持ちになられることもあるかと思います。
そして探して当クリニックに辿り着きホームページを読まれましたら、一度このブログを読んでお考え下さい。

最終的に選択するのはご自身ですが、私は脱ステロイドしないことをお勧め致します。

2023-01-01 00:00:00

折りたたむ

受診におけるミスリード(間違った誘導)

こんにちは。
最近若林皮ふ科を受診した患者から言われることです。
他院受診時に「湿疹の原因は分からないから、完治しない」
「水虫は治らないから、抗真菌薬を使い続けなさい、治ったらノーベル賞ものだ」と。

これは、果たして日本全国の皮膚科医の共通の認識なのでしょうか?
決してそんなことはありません。

私にこのことを教えてくれた弘前大学の先輩医師は湿疹は総称で、何の原因での湿疹かが大切だと常々言っており、決して諦めずに原因検索しています。
また水虫はしっかり外用して改善した後3か月外用出来れば完治します。
若林皮ふ科では、水虫で1年以上も通院する患者はいません。

各疾患における治療のゴール又は目標を設定することは大切です。
受診時には必ずそのことを説明して、ここまでを目指しましょうと説明します。
もし、それ以上が現在の医学で不可能であるなら、それを医師であるなら知っているはずなので無理に通院させる意味は無いからです。

私が開業する時に、その先輩医師に言われました。
とても良い心がけだけど、儲からないよ、大丈夫?と。
でも医師人生の中で一度は、患者が治って行くだけの医療を実施してみたかったので、収入は現在も厳しいのですが、実践して満足出来ています。

またクリニックが作成、監修の化粧品類、保湿剤を見かけますが、これが良かったとしても日本全国で享受出来ません。
医療の理想は北は稚内、根室から沖縄の離島まで同じレベルで受けられることであり、この地区だけで飛びぬけた医療が受けられるとしても、あまり褒められることでは無いのです。
全国の医師が理解できる内容の方が大切です。
そして市販されている中のどの化粧品が良いかを見つけて教えられることが最も素晴らしいと思っています。
またいかなる化粧品類も保湿剤も接触皮膚炎を起こすリスクはあるわけで、その点からも、そのように自院作成監修のものを販売するクリニックはお勧め出来ません。

いかがでしょうか?
もしご自身の今の状況が当てはまるようなら、そしてこれを読んでご賛同頂けるようなら、是非お悩みのことを若林皮ふ科にご相談下さい。
私も完全な医師ではありませんが、精一杯ゴール、目標を定めてお手伝いさせていただきます。

 

2022-05-01 00:00:00

コメント(0)

折りたたむ

皮ふ科に対する印象

皆さん皮膚科と言うとどんなイメージをお持ちでしょうか。

原因が分からないと言われる、結局しばらく治らない(自然軽快を待つ)、しかし具合が悪くなったり死ぬことは無い、といったところでしょうか。

これでは確かに皮膚科にかかっても仕方がないと諦める気持ちも分かります。
更に最近では自費で高価な美容のみ勧めてくる所も多くなってきています。

確かに検査データーで診断できず難しい科なのかもしれません。
とことんやれば難しいけれど、適当にやっても何とかなってしまうところもあるというのが事実です。

若林皮ふ科では可能な限り原因を追究し、様々な治療方法を取り入れて何とか治せる疾患を増やす努力をしています。

例えば子供の疾患ではアトピー性皮膚炎の診断も実は曖昧になってますから、しっかりガイドラインから説明しています。

とびひは1か月治癒までかかるクリニックもあると言いますが、若林皮ふ科では1週間での治癒を心がけています。

手や足のいぼも液体窒素を使わずにケミカルピーリングを行っています。

水イボは摘み取るのではなく、内服薬での除去を行っています。

また将来的に化粧品かぶれを引き起こす無駄な連日の保湿剤使用は止めるように指導しています。

またうおのめ、タコは皮膚科ではどうにもならないのでフットケア科を、帯状疱疹後神経痛は痛みに関しては全くの素人の科なので、ペインクリニックを紹介しています。

この辺りの治療、指導は他のクリニックとは全く異なっており受け入れられるかどうかは患者次第となるかと思われます。

従って受診される前にホームページで確認されるようにお勧めします。

もしご自身の探している皮膚科かもしれないと思われましたら是非皮膚科に対するイメージを一新するためにも受診してみてください。

2022-01-01 00:00:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2