若林皮ふ科

若林皮ふ科|白井市富士、鎌ヶ谷の皮膚科

〒270-1432
千葉県白井市富士136-53
TEL:047-441-4112

rss

トップページ»  ブログ記事一覧»  保湿は本当に必要なの?

保湿は本当に必要なの?

保湿は本当に必要なの?

そろそろ暖かくなる季節です。冬の間乾燥した方も、ようやく皮膚に潤いが出てくる頃だと思います。
特に子供さんの場合など、冬場に乾燥していたら、受診した皮膚科または小児科からこの後も保湿して下さい。保湿剤が無くなったら受診してください。と言われた経験はあると思います。
では、本当に保湿は必要なのでしょうか?
答えはほとんどの場合必要ありません、です。
冬場は手がカサカサしますね。年を取るとすねや太もももカサカサしますね。
では、これからの季節も同じでしょうか?
医師に言われてなんとなく行っているだけではないでしょうか?
やり過ぎはダメ!というのは、外用剤は毛穴から吸収されますが、既に潤っている場合、行先はありません。
そして、場合によっては毛穴がつまり、ニキビみたいになって、最後はその保湿剤にかぶれて、使えなくなってしまう場合があります。

市販の保湿剤、ローション、オイルも使わないで下さい。時々入浴後の保湿剤で全身がかぶれて、それをアトピー性皮膚炎と誤診されて受診されるケースがあります。
余計な保湿は不要と考えて下さい。

2019-04-01 00:00:00