若林皮ふ科

若林皮ふ科|白井市富士、鎌ヶ谷の皮膚科

〒270-1432
千葉県白井市富士136-53
TEL:047-441-4112

rss

トップページ»  ブログ記事一覧»  マスク皮膚炎とは

マスク皮膚炎とは

マスク皮膚炎とは

こんにちは。すっかり世の中マスクが定着しました。
今の状況では外出時のマスクは欠かせませんね。
外国では義務化しているところもあるようです。

さて、マスク皮膚炎という言葉も良く目にするのではないでしょうか?
色々な医師の意見を見たり読んだりすると、マスクによる皮膚の炎症、ニキビの悪化などが言われているようです。
では、私たち医療従事者は全員そのような状況なのでしょうか?
私たち医療従事者はコロナが流行する以前から職場では連日マスクを付けていました。
しかし、医療従事者の顔が全員皮膚炎を起こしているなんて話は聞いたことがありません。
結論から言うとマスク皮膚炎などと言う病名はありません。
起こりえるはずもないのです。
ニキビが悪くなる?そもそも大人ニキビなどという病名もありません。
ニキビに関してはまた別の話として。
では、マスク皮膚炎と呼ばれる状態は皮膚に何が起こっているのでしょうか?
答えは化粧品類(保湿剤、日焼け止めクリームを含む)による接触皮膚炎(かぶれ)です。
私のクリニックではよく出る診断名です。
またか!その話はいいよという方は、読まなくて結構です。
しかし、実際に、この話で治療を進めていくと全員治ります。
今は必ずマスクを付けて生活しているため、マスクの中の皮膚は覆われている状態です。
実は皮膚科にはODTと言って外用剤を塗布後にラップなどで覆うと吸収が増強されて、早く改善するという方法があります。
これを参考に、このマスク皮膚炎を考えてみましょう。
かぶれる可能性がある化粧品類を付けてマスクをするということは、化粧品類を覆うことになります。
従って吸収が増してより早く、より酷く接触皮膚炎が起こるのです。
顔の場合外用したものは全て脂腺、汗腺から吸収されていきます。
しかし合わない物を使用しているため、毛穴や汗腺の中で炎症を起こし、ニキビと誤診される状態になるのです。
基本的にマスクの中は呼吸で湿気があるため、保湿の必要はありません。
というか、顔の皮膚はほぼ乾燥するなどということは病気がない限り起こりません。

ではマスク皮膚炎などと言われるような状態になったら、どうしたら良いのでしょうか?
答えは、今お使いの化粧品類を一切止めて、治療の上、治癒後に他の化粧品類に変更して、更にマスクで覆われていないところのみに使用するようにすれば、再発しません。

いかがでしたでしょうか?きっと他の皮膚科とは言ってることはかなり違うと思います。
このような状況になりましたら是非一度受診して効果を実感してみて下さい。

2020-10-01 00:00:00

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント