若林皮ふ科

若林皮ふ科|白井市富士、鎌ヶ谷の皮膚科

〒270-1432
千葉県白井市富士136-53
TEL:047-441-4112
トップページ»  食物アレルギーについて

食物アレルギーについて

これは一般的には子供で、牛乳、小麦、卵に対するアレルギーが多く、その診断も、その後の管理も小児科に委ねられるところですが、最近皮膚科でも食物依存性運動誘発性アナフィラキシーに関する症状や、ラテックスーフルーツ症候群など多様な病態の患者が受診するようになってきました。
特に最近メディアでも取り上げられて有名なのが加水小麦含有石鹸を使用したことによる経口小麦アレルギーや化粧品に含まれるコチニール色素や豆乳成分による食物アレルギーです。
これらは皆、経皮感作と言って皮膚から感作されて成立する食物アレルギーです。
このような話は直接症状を誘発した食品ばかりに注目せず、その症状を誘発している原因について洞察をしなければいけません。
そのためにも毎年アレルギー学会総会に参加して最新の知見と報告を吸収するように心がけています。
あり得ないような組み合わせとして、ここに一部紹介しますと、猫に引っかかれて、または猫アレルギーで豚肉に対するアレルギーを引き起こすケース。
マダニに刺されたことで、牛肉や魚の鰈に対するアレルギーを引き起こすケース、エイに刺されて、納豆アレルギーを引き起こすケースなどがあります。
いずれも食品を食べて消化器症状を引き起こしても、時間を遡って猫やマダニやエイによる皮膚症状があったことを思い起こすことはなかなか無いと思います。
しかし、今では関係があると分かってきております。
この辺りは詳細な問診が必要です。
他にも書ききれないくらい、花粉症と食物アレルギーも密接に関わっています。
花粉症の診断はしっかり耳鼻科で鼻の粘膜を診てもらって診断してもらってください。
採血のみでは、アレルギーの診断は出来ません。
このことは何科であっても共通の事ですので、いずれにしても専門医の受診をお勧めします。
なお、検査方法として当院では採血を行っていないため、北総白井病院で行うことになります。
元々クリニックでは行える項目数に限界があります。
ですからこういう場合は総合病院をうまく利用することがお勧めです。
ラテックスアレルギーについては専門医療機関と協力できるため、かなり詳しく調べることが可能です。
血清を郵送するため時間はかかりますが、北総白井病院経由で調べられます。
食物アレルギーは、今は除去から早めに食べさせるを目標に進んできています。

小児期からむやみに除去ではなく、負荷試験を行って早めにどのくらいまで、または、完全に食べられるのかを調べる必要があります。
日進月歩かつての常識は今は違っていることも数多くあります。
出来るだけ新しく分かったことを提供したいと思っています。
中々苦労する領域ですので、是非ご相談ください。
必要であればこちらから、負荷試験目的にご紹介致します。

最近一般的な3大アレルゲンである、小麦、鶏卵、牛乳の採血は受けたのに、詳しく結果について説明を聞いていないというケースが多くみられます。
当クリニックでは、他院で行った採血結果であっても何%くらいの発症率なのかとかをご説明いたしますので遠慮なく他院の採血結果をご持参下さい。