若林皮ふ科

若林皮ふ科|白井市富士、鎌ヶ谷の皮膚科

〒270-1432
千葉県白井市富士136-53
TEL:047-441-4112
トップページ»  薬疹について

薬疹について

皆さん、病院を受診して薬をもらうと説明書を貰うと思います。
読んでどんなことが書いてありましたか?
発疹やかゆみが出たら、医師、薬剤師に相談してください、となっていると思います。
では薬疹が出たら何科にかかれば良いのでしょうか?
今の医療界では薬疹は皮膚科しか見ていません。
ある意味最も皮膚科の専門的領域と言えます。
勿論処方された薬を中止してよいのか、他剤へ変更の必要があるのかは処方している医師と相談になります。
薬疹とはどのような症状が出るのでしょうか?
だいたいのタイプでは全身が赤くなるだけで、かゆくなりません。
そうです、かゆくならないんです。
ですから、時々{この薬を飲んでからかゆくなった}と言う人の場合は薬のせいではないことが多いのです。
一方かゆくなくて、ただ赤いのですから本人は中々気が付きません。
毎日入浴時全身をチェックする必要があります。

基本的に長く内服を続けていて、いつまでも大丈夫な薬は一つもありません。いつかは薬疹の症状が出るかもしれないんだと思っておくことが必要です。
薬疹の発症の詳しいメカニズムはここでは割愛させて頂きますが、全身が赤くなる以外にも特定の場所だけが毎回内服するたびに赤くなるタイプ、抗癌剤を使用していたら手足にだけ皮疹が出るタイプ、蕁麻疹だと思っていたら蕁麻疹型薬疹というタイプだった、特に降圧薬、胃潰瘍の薬の一部で認められます。
また尋常性乾癬という病気も皮膚科で特徴のある疾患ですが、これも実は降圧薬による副作用だった、本当の尋常性乾癬ではなかったという報告は多数あります。
この辺りの話は皮膚科で薬疹を長く診察してこないと分からない話です。
また原因となる薬剤には処方薬のみでなく、市販薬、サプリメント、造影剤、歯科の麻酔と様々あります。
最後にこれは薬を処方する医師の側にも、薬を貰う患者の側にも知っておいて欲しい情報です。

薬疹とは薬剤のアレルギーである以上、アナフィラキシーショックを起こす危険性があるということです。


私は大学病院勤務時代から薬疹について数多くの症例を診察してきました。
他科の内服をしていて体に皮疹が出たら是非ご相談ください。