若林皮ふ科

若林皮ふ科|白井市富士、鎌ヶ谷の皮膚科

〒270-1432
千葉県白井市富士136-53
TEL:047-441-4112
トップページ»  皮脂欠乏性湿疹(乾燥肌)について

皮脂欠乏性湿疹(乾燥肌)ついて

寒い季節になってきました。
この季節は肌が乾燥します。

人間の皮膚の保水能力は18歳がピークで徐々に低下してきます。
何も手入れをせず無造作に扱っていると40歳手前でカサカサしてきます。

これを防ぐには若いころに皮膚に負荷をかけすぎない、しっかり水分摂取するということが必要ですが、不幸にして行わず年齢を重ねた場合、外から保湿してあげる必要があります。

昨今話題になりましたヒルドイドソフト軟膏というのがこの時最も効果がありますが、ただ外用していれば良いわけではありません。

ご高齢の人に多いのですが、入浴時タオルでゴシゴシ洗うと、せっかくの垢が落ちて、含まれるセラミドという大事な保水成分を剥がすことになります。
入浴時は石鹸は手で泡立てて、そのまま手で洗うようにして、決してタオルでゴシゴシ洗ってはいけないのです。

時々乾燥してかゆいけど皮膚科で塗り薬を貰っても治らないと受診されますが、話を聞くと入浴時の注意点を聞かされておりません。
これではいくら外用薬を処方しても治らないのです。

当クリニックでは処方と同時に必ず入浴時タオルで洗わないよう説明しています。
そして適切に外用剤を使用し、肌の潤いを保つようにして下さい。

尚、このヒルドイドソフト軟膏ですが、最近のマスコミの影響でとにかく保湿は良いことだということで、特に目立った乾燥が無くても小児に外用するケースが見られますが、これはやり過ぎです。
特に顔面はニキビ様に盛り上がってしまい赤くなりますので、必ず受診の上必要がある場合処方しますので、それから使用して下さい。