若林皮ふ科

若林皮ふ科|白井市富士、鎌ヶ谷の皮膚科

〒270-1432
千葉県白井市富士136-53
TEL:047-441-4112
トップページ»  熱傷について

熱傷(やけど)について

寒くなってきました。暖かい食事が多くなる季節です。
と同時に火傷も増えます。

火傷の治療は色々と変遷し、水疱を破るべきだ、破らないべきだ、密封が良い、乾かすべきといった具合です。

基本的には感染さえ防げば自然治癒します。
後は屈曲部位つまり手首指の関節部といったところの熱傷の場合、拘縮すると、機能低下する恐れがあります。
その場合植皮が必要になります。
ただ赤いくらいなら皮膚科で十分ですが、ただれがひどい場合は植皮も含めた検討が必要になります。
そのようなケースでは形成外科を紹介しています。
また連日の処置が必要な場合も形成外科を紹介しています。

またホッカイロの貼りっぱなし、湯たんぽ当てっぱなしは低温火傷になり、深くなりますので絶対にしないで下さい。
いずれにしても自己判断せず病院受診が必要です。