若林皮ふ科

若林皮ふ科|白井市富士、鎌ヶ谷の皮膚科

〒270-1432
千葉県白井市富士136-53
TEL:047-441-4112
トップページ»  ウイルス性発疹症について

ウイルス性発疹症について

皆さんは風邪という概念をどこかで教わりましたでしょうか?
何をもって風邪というか、どういう症状であるか、ハッキリおわかりでしょうか?

風邪に限らず、インフルエンザや麻疹、風疹、水痘などは全てウイルス感染症です。
麻疹、風疹では、体が赤くなり、水痘では体に水疱が出来ます。
つまり、ウイルス感染症では何らか皮疹や粘膜疹が出るということです。

インフルエンザと水痘には今は特効薬があります。
しかし、それ以外には特効薬と呼べるものはありません。
自然に軽快するのを待つだけです。
また、皆さん、風邪をひいて、熱は数日で引いたのに、咳や鼻汁は一か月近く残ったなんていう経験もおありかと思います。
つまり、風邪の一症状のような、このウイルス性発疹症は消退するまで約一か月かかるということです。
具体的には手足から始まって徐々に全身に拡大していく赤い皮疹です。
痒みは感じる人と感じない人がいます。
手と足と口にのみ水疱が出現し手足口病と呼ばれるものもあります。

一つ気を付けないといけないのは、この状態から進んで、眼球結膜、眼瞼結膜といった部位が充血して白目が真っ赤になったり、口の中が食べ物がしみたりするようなら、粘膜皮膚眼症候群(スティーブンスジョンソン症候群)と呼ばれ危険な状態になっているということです。
この場合は早く受診が必要で、大学病院などで入院になります。

全身かゆくないのに、何も薬も飲んでいないのに、体が赤いといったことが起きるようなら、必ず受診して相談してください。