若林皮ふ科

若林皮ふ科|白井市富士、鎌ヶ谷の皮膚科

〒270-1432
千葉県白井市富士136-53
TEL:047-441-4112
トップページ»  アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎について

皆さんもとても馴染みのある病名でしょうね。
時々自称アトピー性皮膚炎なので、、、と来院する方も今までたくさん診てきました。
実はまだ、全てが解明されておりません。
原因として、セラミドと言われているものが不足していること、それを産生するための遺伝子に変異が起こっていることといったところが最近解明されてきたことです。
また以前は喘息とは症状が拮抗すると言われてきたことが、喘息と原因が同じではないかと言われてきたりしています。
そんな中、生物製剤が開発されてきたり、外用剤にその変異部分の正常なタンパク質が含まれるものの開発といったことが研究されていますが、完全に患者さんが恩恵を受けるまでにはまだまだ時間がかかります。

今でもステロイドの外用と保湿剤の使用で維持が必須です。
また重症な場合免疫抑制剤を内服させる方法も保険適応になりました。
しかし、免疫抑制剤は感染症にかかりやすくなることと、血圧が上昇するという副作用も持ち合わせています。
そんな中、現実的な対処方法を示す研究グループもありました。
それが現実的に今患者が恩恵を被れる方法です。
まだ皮膚科学会では表立ってガイドラインには取り込んでおらず、ここでも詳細は書けません。
また結構手間暇かかりますが、とても全身の症状がひどい人には劇的な有効な補助手段だと思っています。

クリニックでは受診した症状によって重症の場合その手順をお教えし、劇的に痒みが抑えられるといった効果を得ています。
免疫抑制剤は止められないと思っていたと話す方もおられます。

そもそも、肝心なのはアトピー性皮膚炎という診断です。
アトピー性皮膚炎でもないのに、そのように言われている方も多く見受けられます。
アトピー性皮膚炎なのに、治らないからと言って受診される方もいます。
まず、アトピー性皮膚炎かどうかしっかり確認することから始めませんか?

そんな中で知っていただきたいのは金属アレルギーによる偽アトピー性皮膚炎です。
偽ですから、そのように見えて、違うものということです。
これは金属アレルギーによってアトピー性皮膚炎の好発部位と同じところに皮疹が見られ、幼少時のアレルギー疾患歴もなく突如現れます。
アトピー性皮膚炎と誤診されて治らない、実は金属アレルギーだったということが時々見られます。

他にもボディーソープによるかぶれや、シャンプーとリンスによるかぶれ、洗剤、柔軟剤によるかぶれなのにアトピー性皮膚炎と言われていたケースも多く見受けられます。

また皮膚科特定疾患と言って、他の疾患で入院した時など、既往歴として申告しなければいけない疾患ですので、軽々しく診断はしません。
アトピー性皮膚炎かもね、などという発言は皮膚科医としてもってのほかです。
今でもアトピービジネスが所々で横行していますが、まずはガイドラインにのっとって、まっとうに治療を行い、プラスアルファで少し他の方法も試す。他の医院に受診したときに、全く分からない方法だから、受診するな、などと言われないようにしておくことも長期的展望で必要です。

また、通院を続けることも結構なストレスですので、極力1ヶ月に1度の受診で済むように内服薬、外用薬の量を処方するようにしています。

尚皮膚科特定疾患Ⅱに分類されており、指導料がかかります。